F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン予選4番手「トップ3に入れたはずだが、黄旗に阻まれた」メルセデス/F1第15戦

2022年9月4日

 2022年F1オランダGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4番手を獲得した。Q3での最初のランが終わった段階で3番手。最後のラップでさらなるタイム更新を狙ったが、前を走るセルジオ・ペレス(レッドブル)がスピンしたことでイエローフラッグが出たため、アタックを中止せざるを得なかった。


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 5番手(1分12秒156:ソフトタイヤ/25周)
予選 4番手(Q1=2番手1分11秒331:ソフトタイヤ/Q2=5番手1分11秒075:ソフトタイヤ/:Q3=4番手1分10秒648:ソフトタイヤ)

2022年F1第15戦オランダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第15戦オランダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 最後のラップはうまくいっていて、最終セクターに入った時点で、間違いなくタイムを上げていた。その時、(ペレスの)マシンが反対方向を向いているのが目に入って、アクセルを離さざるを得なかった。あのラップを走り切れていれば、少なくとも3番手に入れたと思う。明日そのポジションを取り返せるかどうか頑張ってみるよ。


 今週末、(前戦よりも)マシンがはるかに良いのでうれしい。エキサイティングな週末だよ。予選を通して、レッドブルからたったコンマ1秒しか離れていなかった。そのため、いつもと違う結果を出せると信じていたんだ。でも思いどおりにはいかなかったね。


 セットアップとバランスにはとても満足している。明日はタイヤのデグラデーションの影響で、僕たちが優位に立てるといいね。ここではマシンの空力特性が、前戦よりもはるかにうまく機能している。先週はマシンの車高を上げて走らざるを得なかった。僕たちのマシンがうまく働いてくれる領域はとても狭いのだが、ここではかなり楽にそれを見つけ出すことができた。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号