F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、挽回のポールポジション「速さを取り戻したマシンで、目いっぱいリスクを冒して攻めた」/F1第15戦

2022年9月4日

 2022年F1オランダGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは母国オランダで2年連続となるポールポジションを獲得した。


 フェルスタッペンは、Q3最初のアタックではシャルル・ルクレール(フェラーリ)に続く僅差の2番手。しかし最後のランでふたりともタイムを更新するなかで、フェルスタッペンが0.021秒上回り、ポールポジションをつかんだ。


■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 3番手(1分11秒793:ソフトタイヤ/22周)
予選 1番手(Q1=1番手1分11秒317:ソフトタイヤ/Q2=3番手1分10秒927:ソフトタイヤ/:Q3=1番手1分10秒342:ソフトタイヤ)

2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 信じられないよ! 昨日は難しい一日になったため、チーム全体が状況を好転させるために昨夜懸命に作業に当たった。その結果、うまく挽回できたんだ。今日も僕たちは速いマシンを手にすることができ、走っていて楽しかった。このコースでの予選ラップはクレイジーだよ。


 レースは接戦になるだろう。でもタイヤについて正しい判断をして、うまく実行できれば、十分なチャンスがあるはずだ。


 このサーキットの雰囲気は素晴らしい。ファンが楽しんでくれているならうれしいね。コースのどこを走っても彼らの声援が聞こえてきて、彼らが応援してくれているのを感じる。


(予選後の会見で語り)Q3最後のランはアウトラップが理想的ではなかった。前に1台入ったことで、セクター1で減速しなければならなかったんだ。そのためにタイヤが完璧な状態にならなかったが、セクター2でリカバーすることができた。タイムを失っていることを知っていたから、目いっぱいリスクを冒した。


 昨日の状況を考えると特別な予選だよ。情報が足りないなかでマシンを大きく変更しなければならなかった。今朝(FP3)はマシンについて学習し、予選に向けて微調整することに集中したんだ。

2022年F1第15戦オランダGP ポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、オランダのキックボクサー、リコ・ベホーベンの祝福を受ける
2022年F1第15戦オランダGP ポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、オランダのキックボクサー、リコ・ベホーベンの祝福を受ける



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編