F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「ポールを可能にしたのは、マックスのトップアスリートとしての能力と全員のハードワーク」/F1第15戦

2022年9月4日

 2022年F1オランダGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはポールポジション、セルジオ・ペレスは5番手という結果だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表
2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表

 トップアスリートが絶好調のときには、プレッシャーがかかった状況でも力を発揮してみせる。今日のマックスがそうだった。


 彼は経験を積み、成熟し、成長し続けている。今シーズンを通して、最高のパフォーマンスを発揮する能力があることを証明してきた。(2番手とは)ほんのわずかな差だったが、この結果は明日の決勝において重要な意味を持つだろう。


 ただ、以前も言ったとおり、すべてはチームワークがもたらしたものだ。舞台裏ではさまざまなハードワークがなされている。ミルトン・キーンズのファクトリーでは、夜遅くまでデータの分析をしたり、シミュレーター作業に取り組んでいるスタッフがいる。


 チェコがあの最後のラップを走り切ることができなかったのは残念だ。彼も上位タイムを出しつつあり、あのままいけばセカンドロウを確保していただろう。だが5番手からでもシャルル(・ルクレール)やカルロス(・サインツ)と戦えるはずだ。

2022年F1第15戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 決勝ではメルセデスも強いだろう。彼らは失うものがないから、プッシュしてくるはずだ。すべてを考え合わせると、明日の戦いは非常にエキサイティングなものになりそうだ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号