F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】ライコネン観察日記:スプリント予選で大きく順位をアップ。レース巧者ぶりは未だ健在

2021.07.28

 シルバーストンは、伝統的にワールドチャンピオンたちが強いサーキットだ。過去15年間のイギリスGPを振り返ってみると、マーク・ウェーバーを唯一の例外として、他の勝者は全員がチャンピオン経験者なのである。キミ・ライコネンも、1950年5月に最初のF1世界選手権レースが開催されたこの聖地で、勝利の美酒を味わったことがあるチャンピオンのひとりだ。

 実際、アイスマンのシルバーストンでの戦績は悪くない。フェラーリで王座に就いた2007年に勝っただけではなく、それまでの4年間はずっとポディウムに上がり(03年3位、04年2位、05年と06年は3位)、その後も2017年と18年に再び3位に入っている。しかし、アルファロメオでの上位入賞はさすがに難しく、2019年には8位でポイントを獲得したものの、2020年にシルバーストンで開かれたふたつのレースはいずれも無得点に終わった(17位と15位)。そして、今季の第10戦イギリスGP終了時点で、キミの獲得ポイントはいまだ1点にすぎない。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP