F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ホンダF1のモーターホームが予想外のアクシデント

2021.06.23

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 6月18日金曜日、ポール・リカールで全カテゴリーの走行が終わった後、ホンダのモーターホームが奇妙なインシデントの被害に遭った。プレスルームとヘリポートに隣接する特別エリア内に設置されていたモーターホームに、その周囲にあった金属製のフェンスやコンクリートのブロックが激しくぶつかったのだ。

 ヘリコプターのパイロットが、飛び立つ際にすこし目立とうとしたらしく、本来は前進を始めるまえに一定の高さまで上がるのだが、地面からわずか数メートル離れるとすぐにヘリを傾けたことが原因だ。回転翼が生みだした風力によって、周囲100mにあったものがすべて吹き飛んだ。パドックのその部分と共通エリアとを隔てていたタープのカバーが帆の役目を果たして、固形物体をすべてモーターホームに向けて吹き飛ばしたのだ。

 ホスピタリティユニットの内部でも大きな衝撃を感じたが、ダメージが大きかったのは主にユニット下部だった。油圧系統が影響を受けたためだ。ホンダのホスピタリティマネージャーを務めるデイブ・フリーマンが長時間の交渉を行った結果、ポール・リカール・サーキットが壊れた部分の交換や修繕に関する費用を負担することを受け入れた。モーターホームは当初予定どおり、次戦が行われるオーストリアへ向けて月曜日の朝早くに出発した。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号