F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:レース中止の代替案としてムジェロ・サーキットが浮上

2021.06.01

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1のCEOであるステファノ・ドメニカリとメルセデスF1代表のトト・ウォルフが、先週末に行われた2021年MotoGP第6戦イタリアGPの観戦にムジェロ・サーキットを訪れたことが、大きな注目を集めた。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックでF1のフライアウェイ・レースがいくつか中止になった場合、フェラーリが所有するこのコースが、今シーズン後半の開催枠を獲得するかもしれないという噂をあおるかたちとなったためだ。

 元レーシングドライバーの妻スージーを伴って現れたウォルフは、以下のように語った。

「MotoGPのレースを生で観戦するのは初めてだ。コースの側からライダーたちのスピードを体感できることにとても興奮している。サン・ドナートのようなコーナーでのブレーキングは本当にすごい。みんな非常に勇気がある」

 ドメニカリはフェラーリ在籍中、最初の職務のひとつがムジェロ・サーキットの運営だった。コースでは、現在の管理者や地元トスカーナのフェデリコ・イグネスティ市長と言葉を交わしている姿も見られた。イグネスティは率直にこう語った。

「もしもリバティ・メディアから再度のF1レース主催という興味深い提案をもらったら、我々としては当然受け入れるつもりだ。なぜなら、昨年開催したグランプリは大成功で、この地域を世界中に広く知ってもらう機会となった。だから、2020年に開催契約を再度結べれば、大変喜ばしいことだと思っている」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 22:00〜23:00
6/19(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
6/20(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号