F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:アストンマーティンF1の人材獲得方法にライバルが憤慨

2021.06.30

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ローレンス・ストロールは、他チームの契約下にある人材を公然と追いかけて、アストンマーティン・グランプリでのより高いレベルの仕事と給与をオファーしているが、そうすることによって他の9人のF1チーム代表から絶大な人気が寄せられることはない。ほとんどの場合、あるチームがライバルチームから引き抜きたい人材を特定したら、その人物と契約を結ぶ前に、まずは彼を早期に契約からリリースさせるようその時点での雇用者と交渉するものだ。

 一方ストロールは、まずオファーを出して契約を結び、その後にチームにアプローチしている。このことがパドックの一部の関係者を立腹させているのは確かだ。アルファロメオF1代表のフレデリック・バスールは、チーフデザイナーのルカ・フルバットがチームから離れることに好意的だったが、それは「彼は健康状態に問題を抱えている妻の近くにいるために、1年以上イギリスからリモートで仕事をしているから」だ。

 しかしフルバットが自身でアルファロメオに辞意を伝える前に、ライバルチームのアストンマーティンが契約について発表したことにバスールは気分を害しており、契約終了前にフルバットをチームから離れさせようというストロールの試みに抵抗している。フルバットの契約はあとまる1年残っているのだ!

 一方でレッドブルは、空力部門を率いてきたダン・ファローズがアストンマーティンにテクニカルディレクターとして加入する件については、先手を打って彼ら自身で発表を行うことを決めた。なおクリスチャン・ホーナーは次のように明らかにした。「ダンは、しばらくは我々のところにいるだろう。詳細について触れることはしないが、彼が今後数年以内に離れることがないのは確かだ」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号