F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:メルセデスF1代表、連戦の合間にハミルトンと契約交渉を開始

2021.06.15

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メルセデスF1代表のトト・ウォルフは、ふたりのドライバーと契約状況について話し合うために、レッドブルリンクでグランプリレースが2度開催される合間の3日間を充てることを決めた。ウォルフにとっての最優先課題は、ルイス・ハミルトンと長期の契約を結ぶことだ。これは、多くの人たちの予測どおりにハミルトンが38歳になって2023年シーズン末で引退するとしても、それまでの期間のレーシングドライバー契約にとどまらない。

 メルセデスF1チームやダイムラー・グループ内で将来担ってもらう役割をどうするかという話でもある。7度の世界王者であるハミルトンは、わずか13歳で国際カートレースのキャリアを開始し、すでにニコ・ロズベルグともチームメイト同士だった当時から彼を支えてきたメルセデスと、今後も関わり続けたいという意志を表明している。

 ハミルトンとの話し合いが決着したら、ウォルフとしてはそれと比べてずっと手短な話し合いをバルテリ・ボッタスと行うだろう。それは、ボッタスとの契約を更新するか、今年の年末で他チームへ自由に移籍できることにするか、いずれかの内容になるはずだ。チーム内での立場が非常に危うくなっているボッタスに、この話し合いで交渉をもちかける力はない。これも多くの識者が予想していることだが、彼の後任にジョージ・ラッセルが就くと告げられたとしても驚きではない。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号