F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】【F1コラム】オコンの後塵を拝し、本領発揮には程遠いアロンソの状況

2021.05.19

 2年間F1を離れていた2度の世界チャンピオンがグリッドに戻ることが、非常に特別なことであることは否定しようがない。それがフェルナンド・アロンソのようなドライバーであればいっそうエキサイティングなことだ。アロンソは成功への計り知れない渇望を常に抱いてきた。それは昨今のインディカー、世界耐久選手権、ダカールラリーへの挑戦でも見て取れる。だがシーズン序盤の彼が少々F1に不慣れだったのは事実だ。常にそういうものだろうが、それでも当初の私はそうなるとは思えなかったのだ。

 開幕戦バーレーンでは素晴らしい予選の走りで順調なスタートを切った。彼はチームメイトのエステバン・オコンよりも速く、アルピーヌのエースドライバーになるかのように見えた。残念ながら、サンドイッチの包み紙によって引き起こされた奇妙な状況がブレーキの不具合を生み、リタイアとなったが……。そして、その後は第2戦エミリア・ロマーニャGP(イモラ)と第3戦ポルトガルGP(ポルティマオ)だ。これらは真のドライバーのためのサーキットだ。だがチームを移籍したドライバーたちが苦戦してきた場所でもある。ふたつのコースでアロンソは、調子を大きく上げたオコンの裏で影を潜めてしまった。オコンは予選でもレースでもアロンソより速かったのだ。アロンソはそれぞれ10位と8位、オコンは9位と7位でフィニッシュした。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP