F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:「僕はF1ドライバーだから」と特別待遇を求めるラッセルにチームも困惑

2021.05.12

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジョージ・ラッセルのレーシングドライバーとしての腕前は、ウイリアムズF1とメルセデスF1の誰もが称賛するところだが、彼がコース外でとっている態度は両チームの経営幹部たちをイライラさせている。若いラッセルが自分をスター扱いするよう求め、あらゆる機会をとらえて、自分はチームプレーヤーとしてではなく個人として行動すると明言しているからだ。

 彼はすでに2019年、当時それまでグランプリをわずか2戦しか走っていないにもかかわらず、バーレーンからの帰国便について「僕はF1ドライバーだから」という理由でファーストクラスにアップグレードするよう要求し、ウイリアムズとメルセデスのスタッフたちを怒らせていた。

 そして今は、移動中の特別扱いを求めたり、飛行機内や滞在先でチーム関係者たちと一緒に過ごすことを拒んだりして、ウイリアムズの幹部を困らせているのだ。メルセデスで仕事をしたときにも、彼の姿勢は何度かトト・ウォルフの気持ちを逆なでしていた。

 今後おそらく2年間ハミルトンのチームメイトを務めるドライバーが必要だが、ちょうど2年前にチームのテスト兼リザーブドライバーだったエステバン・オコンがそうだったように、周囲から傲慢だと見なされているラッセルは、徐々に、しかし確実に、シート争奪戦から脱落している。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号