F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ルクレールの決勝レースを奪ったフェラーリに厳しい声

2021.05.25

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メディアからの厳しい追求を受けて、フェラーリはF1第5戦モナコGP予選でポールポジションを獲得したシャルル・ルクレールを決勝で走らせなかった理由について、急ぎ説明するはめに追い込まれた。予選Q3でルクレールがスイミングプールシケイン出口のウォールにクラッシュしたインシデントが直接の要因だという。決勝レースの直後、チーム代表のマッティア・ビノットはそれが理由ではないと強く主張していた。

 チームとしては、ルクレールのクラッシュを受けて、ギヤボックスやその他トランスミッションのパーツに関して必要な分析はすべて行ったというのだ。しかし、イタリアのジャーナリストたちから厳しい追求を受けて、ルクレールを出走させなかった理由がそのときに生じた不具合ではないと保証できるわけではない、と認めざるを得なかった。

 5月24日、イタリアに戻ったビノットは、一流ジャーナリストたちが影響力の強いメディアに書いた厳しいコメントの数々を読んだ。その後、フェラーリは夕方までに、ルクレールが予選でウォールに激突したときの衝撃が、結果としてホイールカバーの不具合につながり、決勝レースでDNSを余儀なくされたと発表した。ルクレールには、たとえギヤボックスを交換してグリッド降格のペナルティを受けたとしても、出走すればポイント獲得のチャンスがあった。それだけにイタリアでは、シーズンで最も権威あるグランプリのポールポジションという栄光のためだけに、ビノットが公然とレースの機会を奪ったと考える人が多い。その判断は批判を浴び続けている。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号