F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

タイヤ交換を遅らせ一時上位走行のシューマッハー「インターミディエイトを履いたのが遅すぎた」/ハース F1日本GP決勝

2022年10月10日

 2022年F1第18戦日本GPの決勝レースで、ハースF1のケビン・マグヌッセンは14位、ミック・シューマッハーはタイヤ交換を遅らせ一時上位を走行したものの、18位(ピエール・ガスリーへのペナルティにより17位に繰り上がり)でレースを終えた。

■ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)

決勝=14位
18番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ウエット→インターミディエイト


 話すことはあまりない。このような天気の1日だった。つまり常にチャンスがあったということだが、チャンスから何かを得ることができなかったのはもちろん残念だ。

2022年F1第18戦日本GP ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第18戦日本GP ケビン・マグヌッセン(ハース)

ミック・シューマッハー(ハースF1チーム)

決勝=18位(ピエール・ガスリーへのペナルティにより正式結果は17位に繰り上がり)
15番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ウエット→インターミディエイト


 僕たちのマシンは特にインターミディエイトではとても強力だった。でも残念ながらそのタイヤを履いたのが少し遅すぎた。あの時点(ピットイン前)で3番手を走っていたことと、初めて先頭を走ったことはポジティブだ。ポイントは掴めるところにあったのに、今日はそうできなかった。でも間違いなく速さはあった。

2022年F1第18戦日本GP ミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第18戦日本GP ミック・シューマッハー(ハース)

2022年F1第18戦日本GP ミック・シューマッハー&ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第18戦日本GP ミック・シューマッハー&ケビン・マグヌッセン(ハース)



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編