F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スタートで順位を上げるも11位のリカルド「ペースは悪くなかったがタイヤ管理が問題だった」/マクラーレン F1日本GP決勝

2022年10月10日

 2022年F1第18戦日本GPで、マクラーレンF1のダニエル・リカルドは11番グリッドから決勝レースをスタートし、11位でフィニッシュを果たした。


 悪天候となった2022年のF1日本GP決勝。リカルドはスタートで8番手に順位を上げるも、赤旗中断後の再スタート後にポジションを落としてしまい、予選順位と同じ11位でチェッカーフラッグを受けた。

■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)

決勝=11位
11番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ウエット→インターミディエイト


 今日はレースができてよかった。できるようには見えなかったからね。


 特にこの天気のなかで観客席の座っているファンたちのためにも、ドライバーとしてレースをするチャンスを得て楽しむことが確かにできた。


 レースの結果は、まさにインターミディエイトタイヤをいつ履いたかということによる。つまりトリッキーだったということだ。準備ができてそのままスタートできるような普通の状態ではなかった。いくつか考えるべきことがある。


 誰もがピットストップを行っていたが、特に(セバスチャン・)ベッテルはそれをうまく活用していたと思う。僕たちの今日の敗因はそこだ。


 それ以外ではペースは悪くなかったと思うけど、タイヤをうまく管理することが問題だった。改善すべきことがいくつかあるが、最終的には今日ファンのためにレースができてうれしかった。


 2度目のドライバーズタイトルを勝ち取ったマックス(・フェルスタッペン)におめでとうと伝えたい。

2022年F1第18戦日本GP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第18戦日本GP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

2022年F1第18戦日本GP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第18戦日本GP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編