F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、初のQ3進出で2番手「ポールと0.026秒差は悔しいが、久々の最前列スタートが楽しみ」メルセデス【F1第16戦】

2020年12月6日

 2020年F1サクヒールGPの土曜予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルは2番手だった。


 ラッセルはQ1では54秒160(3番手)、Q2では53秒819(5番手)を記録し、F1キャリアで初めてQ3に進出、53秒403で予選2番手となった。チームメイトのバルテリ・ボッタスのポールポジションタイムとの差は0.026秒。ラッセルがF1の予選でチームメイトに敗れたのはこれが初めてだった。決勝はミディアムタイヤでスタートする。

2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)が予選2番手を獲得
2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)が予選2番手を獲得

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ジョージ・ラッセル 予選=2番手
 バルテリ(・ボッタス)は長年予選でルイス(・ハミルトン)をプッシュしてきた。その彼のすぐ後ろの位置でQ3を終え、フロントロウを確保できたことをとてもうれしく思っている。


 学ぶことがたくさんあるし、マシンが変わってドライビングの仕方が大きく違っているから、とてつもないハードワークが必要とされている。FP3では多くのことを試したけれど、全くうまくいかなかった。最後のプラクティスを終えた時点では、Q3に進出できるだけで喜べるような状態だった。それで予選前には少し緊張していた。でもなんとか力を発揮できて、1周ごとによくなっていった。


 0.02秒差でポールポジションを逃したことに少しがっかりしている。でも先週の時点で「予選で2番手を獲得するよ」と言われたとしたら、とても信じられなかっただろうね。


 明日、グリッド上で僕の前には誰もいない。ずいぶんと久しぶりの経験だ。すごく短いコースレイアウトだから、難しいレースになるだろう。でもミディアムタイヤでいい位置からスタートできる。全力を尽くして、自分に何ができるのか見てみるよ。



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号