F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

破産申請のマノーF1が声明「不本意な旅の終わり」。アジア投資グループとの交渉が土壇場で決裂

2017年1月9日

 マノーF1チームの運営会社ジャスト・レーシング・サービスが破産申請を行ったことを受けて、マノーF1チームのオーナー、スティーブン・フィッツパトリックがコメント。マノーの運命は実際にはブラジルGPでコンストラクターズ選手権10位の座から滑り落ちた時に決まってしまったと述べた。


 マノーは6日、チームの運営会社が破産申請を行ったことを発表した。数カ月にわたり、新しい投資者候補との交渉を行ってきた後、ある特定の投資家との契約に近づいていたが、2017年のレース計画に影響しない段階で最終合意に達することができなかったため、破産申請を行うほかなくなったと、チームは説明している。


 フィッツパトリックは、アジアの投資コンソーシアムへの売却に関して合意していたが、手続きを完了することができなかったと語った。ブラジルGPでザウバーにランキング10位の座を奪われた後、状況が悪化したと示唆している。


 パスカル・ウェーレインが第9戦オーストリアGPで10位を獲得した後、マノーはランキング10位を保持していたが、フェリペ・ナッセが第20戦ブラジルで9位を獲得したため、ザウバーに抜かれ、ランキング11位に落ちてしまった。


「2015年に私がチームを引き継いだ時、課題は明確だった。チームが2016年に10位かそれ以上の実績を出すことが必須だったのだ」とフィッツパトリックは述べた。


「シーズンのほとんどは順調だった。しかしブラジルでの劇的なレースで、10位以上に入るという希望が断たれ、2017年にレースをする力があるかどうか先行きが不透明になった」


 チームの存続を試みている管財人は、新たな資金提供者を見つけるには時間が足りないと認めている。


 2015年にマノーを救済したフィッツパトリックは、2017年シーズンの開始前にこの状況を解決するだけの時間がないことについても落胆の色を隠せない。


「チームを管財人の管理下に置くという選択により、マノーの2年間の旅が残念な終わりを迎えた」とフィッツパトリックは語った。


「昨年、長期にわたっていくつかの投資家グループと交渉を行い、最終的に12月にアジアの投資コンソーシアムと売却条件に関して合意に至った」


「これによってチームが成長と発展を継続できる強力なプラットフォームが提供されるはずだった」


「(しかし)残念なことに我々の取引が完了する前に時間が尽きてしまった」


「過去の出来事を繰り返したくはない。2015年に我々は、完了できるという確信がない限りはシーズンを始めないということを決めた。だから今回我々はチームの運営会社の破産申請をするという難しい決断を下した」



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号