F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マノー、ポイント逃しランキング最下位に。オコン「運はザウバーに味方した」:F1ブラジルGP日曜

2016年11月14日

 2016年F1ブラジルGP決勝で、マノーのパスカル・ウェーレインは15位、リオ・ハリアントは12位だった。


■マノー・レーシングMRT
パスカル・ウェーレイン 決勝=15位
 ひどいコンディションだったよ。レースの全体を通じてね。雨が少しくらい弱まっても、とにかくコース上の水の量が多かったんだ。あの状況でエクストリームウエットからインターにスイッチするのは、誰にとっても大きなギャンブルだった。一時的にインターの方が速いコンディションに近づくことはあっても、これなら完全にインターという状態にはならなかった。エクストリームウエットでもアクアプレーニングが起きていて、勇気を出してインターにスイッチしてもいいけど、その場合には結局クラッシュに終わって、すべてが台無しになるリスクがあったんだ。


 それに加えて、視界もかなり悪かった。ひどく神経の擦り減るレースだったし、もうしばらくはこんなコンディションを経験したくないね。まあ、こういう結果(コンストラクターズ選手権でザウバーに逆転される)に終わったけど、これからもハードワークとプッシュを続けるしかない。今日のレースを見てもわかるように、まだ何が起きても不思議はないんだ。さすがにアブダビで雨が降ることはなさそうだけど、レースは水物と言うくらいだから、最後まで戦い続けるつもりだ。


エステバン・オコン 決勝=12位
 僕自身、とても残念だし、チームのみんなに申し訳ないと思っている。本当に難しいコンディションになり、レースを続行すべきだったかどうかについては僕自身の考えもあるけど、それはまた別の話だ。レースができるコンディションだと宣言されれば、僕らはとにかくドライブして、ベストを尽くすだけだからね。レース中にはゾッとするような瞬間も何度かあった。キミ(・ライコネン)のクラッシュに、すばやく反応できたのは本当にラッキーだったよ。


 言うまでもなく、僕は全力でプッシュしていた。実際のところ、スタートからフィニッシュまでずっとだ。2回目の赤旗の後、僕がフェリペ(・ナッセ)を追いかけて、何とか抜くしかないことはわかっていた。彼がポイント圏外まで順位を下げる可能性は、もうあまりなさそうだったからね。けれども、レースの展開は僕らではなく、彼に味方した。僕もできる限りのことはやったけど、背後から速いクルマが迫ってきて、結局は次から次へと抜かれてしまった。


 今日のレースについては、残念に思う理由がたくさんあって、ひとつだけ選び出すことはできない。ただ、間違いなく言えるのは、何とかしてF1での僕の初ポイントを獲りたかった、ということだ。



(AUTOSPORTweb)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号