F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マノーF1の運命は今週決定か。新オーナー候補との交渉が大詰め

2017年1月18日

 マノーF1チームの運営会社が破産申請を行い、チームは消滅の危機に直面している。投資に関心を持つ企業が現れ、オファーを行ったものの、今週木曜までの回答を要求している。


 昨年、投資者候補との話し合いを行ってきたものの決裂し、マノーの運営会社ジャスト・レーシング・サービスは先週、破産申請を行った。


 その後、管財人のFRPアドバイザリーが買収に興味を持つ企業と話し合いを持ち、そのうちのひとつがオファーを行ったものとみられている。


 オファーはマノーに関連するジャスト・レーシング・サービス、ジャスト・レーシング、マノー・グランプリ・レーシングの3社すべてに対してのものである。


 マノーの持ち株会社ジャスト・レーシングと、F1とFOMのライセンスを保持するマノー・グランプリ・レーシングは破産申請の対象ではない。


 投資者候補は、シーズン開始前にマシンを製造しテストができるようにするため、1月20日より前にオファーへの回答を受け取ることを求めている。


 決断がなされないままその期限が過ぎた場合、投資者候補はオファーの内容を変更する可能性があるが、シーズンへの準備期間が減り、チームがレースに出るために必要なコストが増えることから、可能性は低くなることが予想される。


 FRPアドバイザリーは英AUTOSPORTからの取材に対してノーコメントの姿勢をとっており、マノーチームのオーナー、スティーブン・フィッツパトリックには現時点で連絡が取れず、コメントを得ることができなかった。


 Sky Sportsは、昨年マノー買収直前までいっていたといわれるアジアのコンソーシアムが交渉相手であると伝えている。また、FIAはマノーがF1に残れるよう、2017年に2016年のシャシーをモディファイしたもので参戦する許可を与え、シーズン序盤3戦を欠場し第4戦から参戦することも認める見込みだという。


 ジャスト・レーシング・サービスの管財人はすべてのスタッフに対して1月末までの給料を支払うことに同意し、チーム存続のための時間を稼いでいる。


 2017年マシンの製造をスタートする態勢はできているが、管財人が債権者を守るために支出を禁じているため、パーツの製造ができずにいる。


 2017年開幕戦オーストラリアGPは3月26日に開催される。



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号