F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ「雨乞いの踊りが効いたね!得意のウエットで信じられない結果に」トロロッソ F1ブラジルGP日曜

2016年11月14日

 2016年F1ブラジルGP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトは13位、カルロス・サインツJr.は6位だった。


■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=13位
 クレイジーなレースだったよ。スタートはうまく決まって、正しいタイミングでインターミディエイトに履き替えた。ところが、残念なことにセーフティカーランの間にパンクに見舞われて、ピットから出てきたときには最下位に落ちていたんだ。


 それでもあきらめずに、また順位を取り戻し始めたんだけど、今度はクルマに大きなダメージを負ってしまった。何度目かのリスタートのときに、(ジョリオン・)パーマーの体当たりを食らってね……。


 トリッキーなコンディションだったから我慢してステイアウトしたものの、クルマはものすごくドライブしづらい状態になっていた。この週末は今日まで満足のいく仕事ができて、もっといい成績を期待していただけに、悔しい結果になった。


カルロス・サインツJr. 決勝=6位
 雨乞いの踊りが効いたみたいだね(笑)。本当にすごいレースだった。超ハッピーだよ。昨日の予選15位から6位でフィニッシュなんて、自分でも信じられない。


 僕はインターミディエイトでは危険すぎると感じたので、エクストリームウエットのまま走らせてくれとチームに頼み、結果的にそれがうまく行ったんだ。今日はピットストップをしないという戦略と、ミスをせずにいいペースで走れたことがすべてだった。この困難なコンディションの中でそれをやり遂げたのだから、なおさらいい気分だね。


 コースコンディションは最悪で、時間帯によってはクルマをコース上にとどめておくことさえ難しい状況だった。特にアクアプレーニングが起きやすいターン13、14といったあたりは、本当にトリッキーだったよ。しかも、セーフティカーランの後の再スタート直後は、まったく何も見えないまま300km/hでレースをするのだから、すごくリスキーだった。


 とはいえ、僕としてはレースを心から楽しめたのも事実だ。僕は雨のレースが好きなんだよ。カートのレースをしていた子供の頃から、ウエットではいつも速かったし、今日も例外ではなかった。そして、ウエットでトップランナーと互角のペースで走れたことは、チームとして誇りに思っていいと思う。それは僕らのシャシーがとても優れていて、さらに週末を通じて最高の仕事をしたことを意味するからだ。その意味で、チームのみんなにおめでとうと言いたい。


 今回はあまり期待できそうにないと思っていたのに、また8ポイントを獲得できたのはすばらしいことだ。最高にうれしいよ。実際、このシーズン後半戦ではサプライズがたくさんあったし、こういうサプライズならいつでも歓迎だ!



(AUTOSPORTweb)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編