F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第15戦オランダGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

2022年9月4日

 2022年F1第15戦オランダGPの予選が行われ、ポールポジション〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション〜5番手に入ったドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル)だ。


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
予選=5番手

2022年F1第15戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第15戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 Q3最後のラップで限界ぎりぎりまでプッシュしていた時、少しだけ限界を超えてしまった。残念だよ。最終コーナー入口で攻めすぎたんだ。マシンにダメージを与えずに済んでラッキーだった。スロットルに触れるタイミングが早すぎた。グラベルに軽く触れて、ついてないことにリヤエンドのコントロールを失った。


 良いラップを走っていたから、タイムを大幅に縮めることができたと思う。でもそのチャンスを失ったんだ。それでも5番グリッドだから、そこから戦うことが可能だ。ただし、強力なレースペースがあることが重要になってくるけどね。


 昨日の状態からマシンにポジティブな変更を施し、正しい方向に進んでいる。FP3でのロングランもいい感じだった。だから明日もその流れを維持して、上位グループへとポジションをしっかり上げていけると思う。メルセデスやフェラーリとの間で接戦になると思う。レースが楽しみだよ。


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
予選=4番手

2022年F1第15戦オランダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第15戦オランダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 最後のラップはうまくいっていて、最終セクターに入った時点で、間違いなくタイムを上げていた。その時、(ペレスの)マシンが反対方向を向いているのが目に入って、アクセルを離さざるを得なかった。あのラップを走り切れていれば、少なくとも3番手に入れたと思う。明日そのポジションを取り返せるかどうか頑張ってみるよ。


 今週末、(前戦よりも)マシンがはるかに良いのでうれしい。エキサイティングな週末だよ。予選を通して、レッドブルからたったコンマ1秒しか離れていなかった。そのため、いつもと違う結果を出せると信じていたんだ。でも思いどおりにはいかなかったね。


 セットアップとバランスにはとても満足している。明日はタイヤのデグラデーションの影響で、僕たちが優位に立てるといいね。ここではマシンの空力特性が、前戦よりもはるかにうまく機能している。先週はマシンの車高を上げて走らざるを得なかった。僕たちのマシンがうまく働いてくれる領域はとても狭いのだが、ここではかなり楽にそれを見つけ出すことができた。


■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
予選=3番手

2022年F1第15戦オランダGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第15戦オランダGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

 今日は良い戦いができると分かっていた。今年一番と言っていいほど接戦の予選になったね。ポールから0.1秒以下の差で3番手なのだから、今日のタイム差がどれほど小さかったかが分かる。


 レースではさらに多くのマシンが加わり、再び接戦になると予想している。でも上位争いができるという自信があるよ。去年よりはオーバーテイクが多少しやすくなっているかもしれない。そして戦略が大きな役割を果たすことになるだろう。


 決勝で最大の結果を出すため、今夜チームとともに、すべての選択肢について評価するつもりだ。


(予選後の会見で語り)僕たちは2台でマックスに挑むことができる。彼を逃すことなく、競争力を発揮して、戦えるといいね。ただ、確かなのは、彼に勝つには、良い戦略、優れたレースペースが必要ということだ。


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
予選=2番手

2022年F1第15戦オランダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第15戦オランダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 ドライバーは常にポールポジションを獲ることを目標にしている。でも今日はマックスがすべてをうまくまとめてポールを手にした。


 マシンバランスは昨日よりは一段階向上したと感じる。Q1とQ2は少しトリッキーだった。アウトラップでいくつかのことを試し、最後にはフロントが少し強くなった。それによってさらにプッシュすることができたのでよかったよ。


 ここはオーバーテイクが難しいサーキットではあるものの、自信を持っている。今日のように接戦になり、マックスと良いバトルができるといいね。


(予選後の会見で語り)オンボードを見れば(最後のラップのどこでロスをしたのか)明らかだ。僕はターン10でミスをして、ワイドになってしまった。そこで0.1秒以上ロスをした。限界までプッシュしていると、そういうことはある。


 シーズン序盤の状態にやっと戻れたのでよかった。少なくとも競争力は高い。今日僕たちのマシンにはポールポジションラップを走る力があったが、僕がうまくまとめることができなかったんだ。それでもハッピーだよ。この4戦か5戦、予選でマシンバランスに自信を持って走ることができずにいた。決勝ではいつも正しいバランスを見つけていたのに、予選ではとても苦しんでいたんだ。


 今日も同じだったけれど、最終的には良いラップを走ることができた。これからは明日に気持ちを集中させるよ。カルロス(・サインツ)とふたりでマックスのすぐ後ろからスタートするから、それが少し助けになればいいね。


■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
予選=ポールポジション

2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得

 信じられないよ! 昨日は難しい一日になったため、チーム全体が状況を好転させるために昨夜懸命に作業に当たった。その結果、うまく挽回できたんだ。今日も僕たちは速いマシンを手にすることができ、走っていて楽しかった。このコースでの予選ラップはクレイジーだよ。


 レースは接戦になるだろう。でもタイヤについて正しい判断をして、うまく実行できれば、十分なチャンスがあるはずだ。


 このサーキットの雰囲気は素晴らしい。ファンが楽しんでくれているならうれしいね。コースのどこを走っても彼らの声援が聞こえてきて、彼らが応援してくれているのを感じる。


(予選後の会見で語り)Q3最後のランはアウトラップが理想的ではなかった。前に1台入ったことで、セクター1で減速しなければならなかったんだ。そのためにタイヤが完璧な状態にならなかったが、セクター2でリカバーすることができた。タイムを失っていることを知っていたから、目いっぱいリスクを冒した。


 昨日の状況を考えると特別な予選だよ。情報が足りないなかでマシンを大きく変更しなければならなかった。今朝(FP3)はマシンについて学習し、予選に向けて微調整することに集中したんだ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号