F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

3分で読むF1ココだけの話:2023年に逆転を狙うメルセデス。その秘策は政治工作による技術レギュレーション変更

2022年8月24日

 8月16日、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で、今年から導入されたグランドエフェクトカーに関する技術レギュレーションが変更が承認された。理由は、グランドエフェクトカー導入によって発生しているポーパシングからドライバーを守るためだ。

 しかし、この変更に対しては、依然として多くのチームが納得していなかった。ポーパシングに苦しめられていないチームにとっては、レギュレーションの変更の必要性を感じていなかったためだ。

 じつは10チーム中、6チームが反対の立場をとっていたと言われている。今年チャンピオンシップ争いをしているレッドブルやフェラーリを筆頭に、当然ながらそのパワーユニットを搭載しているチームも同調。この6チームとは、おそらくレッドブル・パワートレインズのパワーユニットを搭載するレッドブルとアルファタウリ、そしてフェラーリのパワーユニットを搭載するフェラーリ、アルファロメオ、ハース、そしてルノーのパワーユニットを搭載するアルピーヌだと考えられる。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号