F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

初ポールのラッセルは3位でメルセデスW表彰台「終盤タイヤに苦しんだ。後半戦では優勝を狙う」/F1第13戦

2022年8月1日

 2022年F1ハンガリーGP決勝で、メルセデスのジョージ・ラッセルは3位表彰台を獲得した。自身初のポールポジションからレース序盤をリード。上位勢の1回目のピットストップが終わった時点で再びトップに立った。しかし31周目にシャルル・ルクレール(フェラーリ)に抜かれて2番手に。レース終盤にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に続く2番手を走行していたが、65周目にチームメイトのルイス・ハミルトンにパスされて3番手となった。

2022年F1第13戦ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=3位
1番グリッド/タイヤ:ソフト→ミディアム→ミディアム


 ものすごくいいスタートを切って、最初のスティントは好調に進んだ。どちらのスティントもかなり早い段階でピットに入って、タイヤを最後まで持たせつつ、できるだけ速くプッシュしようとした。


 終盤、ミディアムを履いていた時に、雨が降り出した。それで温度が下がってしまい、苦戦した。タイヤのマネジメントが難しかったので、原因を調べて、もっとうまくやれた部分を探る必要がある。


 チーム全体で素晴らしい仕事をしたと思う。昨日はポールポジションを獲得し、今日はダブル表彰台だ。進歩しているのは間違いないし、チームがそのためにしてくれている仕事を誇りに思う。サマーブレイクでいったんリセットし、改めて集中力を高めてシーズン後半に戻って来るよ。優勝争いに加わりたい。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号