F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス「最終周にフェルナンドがギャップを詰めてきて、最後の最後で抜かれた」:アルファロメオ F1第11戦決勝

2022年7月12日

 2022年F1第11戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのバルテリ・ボッタスは11位、周冠宇は14位でレースを終えた。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
バルテリ・ボッタス 決勝=11位

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第11戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

 今日はポイント獲得を期待していたし、それが目標だった。それだけにトップ10にあと一歩及ばずにフィニッシュすることになって、ちょっと落胆している。最終ラップにフェルナンド(・アロンソ)が急激にギャップを詰めてきて、最後の最後で抜かれてしまったんだ。彼はフレッシュなタイヤを履いていたからね。それを別とすれば、戦略面も含めていいレースができたと思う。スタートした場所を考えれば、できることはすべてやったと感じている。ただ、ペースがほんの少し足りず、特にコーナーでのスピードがいまひとつだった。


 少なくとも、ピットレーンからスタートして、ここまで上がってくることができたのだから、そこはポジティブな点だ。他のチームも着実に良くなっているから、僕らも進歩を続けないといけない。ポール・リカールは、もう少し僕らに向いているんじゃないかと予想している。けれども、日曜に訪れるチャンスを最大限に活かすには、今回よりも予選で上位につける必要があるだろう。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
周冠宇 決勝=14位

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第11戦オーストリアGP 周冠宇(アルファロメオ)

 この週末、僕らのクルマにはもっとポテンシャルがあると感じていたので、今日の結果には満足できない。土曜にはとても好調に思えたのに、今日はレース序盤に集団の中で時間を費やしてしまい、その後はハードタイヤがうまく使えずに苦しんだ。ミディアムに履き替えてからはずっと楽になり、競争力もあったと思う。けれども、その時点ではもうポイント圏内まで挽回するには遅すぎた。


 土曜のスプリントや今日の最終スティントで示したペースは、今後も維持していくべきポジティブな部分であり、走行距離を重ねるにつれて僕の経験値も上がっている。何度か楽しいバトルがあって、白熱した接近戦をエンジョイしたけど、今週末はもっといい結果を望んでいた。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号