F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ノリス7位「ペナルティは痛かったが、目標のポイント獲得を果たせてよかった」マクラーレン/F1第11戦決勝

2022年7月11日

 2022年F1オーストリアGP決勝で、マクラーレンのランド・ノリスは7位、ダニエル・リカルドは9位を獲得した。ノリスはトラックリミット違反で5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。


■ランド・ノリス(マクラーレンF1チーム)
決勝=7位
10番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ハード


 ポジティブな一日だった。いくつかポジションを上げて、そこそこポイントも獲れたからね。トラックリミットに関して何度かミスをしてしまい、5秒のペナルティを科せられたのが痛かった。本来なら6位に入れたはずだけど、それを除けばまずまずの一日だったよ。マシンのペースも悪くなかったし、目標としていたポイントも獲得できたから、最終的には満足できた。


 僕らに必要なのは、進歩を続けること、そして次に向けてプッシュし続けることだけだ。サーキットとファクトリーで懸命に仕事をしてくれたみんなに心から感謝したい。彼らのおかげで、金曜のつまずきからうまく挽回して、ポイントを持ち帰ることができた。

2022年F1第11戦オーストリアGP ランド・ノリスとダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第11戦オーストリアGP ランド・ノリスとダニエル・リカルド(マクラーレン)

■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)
決勝=9位
11番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ハード


 目標はポイント圏内だったから、チームとしてこの結果に満足していいと思う。金曜の順位と比べれば、はるかに良い成績で、しかもダブルポイントフィニッシュだからね。最初のスティントでは左フロントタイヤに苦しんだ。ターン1へのブレーキングでロックアップさせてしまい、ちょっと厳しい戦いを強いられたんだ。だから、フィーリングはむしろ昨日の方が良かった。


 レース後半もフロントタイヤ、特に左フロントがキツかった。フラットスポットがなくてもね。それでも、僕にできる範囲で最善は尽くせたと思う。何とかして(ケビン・)マグヌッセンを抜きたかったんだけど、まあ高望みをすればきりがない。ポイントを追加して、多少なりともダメージリミテーションができたのだから、喜ぶべき結果だろう。

2022年F1第11戦オーストリアGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第11戦オーストリアGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 19:00〜20:00
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号