F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「またもグラベルに押し出されてガッカリ。レースはそこで終わったも同然」:アストンマーティン F1第11戦決勝

2022年7月12日

 2022年F1第11戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのランス・ストロールは13位、セバスチャン・ベッテルは17位でレースを終えた。


■アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=13位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第11戦オーストリアGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 スタートはまずまずで、ポジションを維持しつつ序盤はマクラーレン勢と争った。その他にも僕とは違う戦略を採ったクルマを相手に、何度かホイール・トゥ・ホイールのいいバトルができて楽しかったよ。


 ただ、自分より速いクルマを背後に抑え込んでおくのは、やはり難しかった。土曜のスプリントではいいリカバリーができたから、今日も1点か2点は持ち帰れれば良かったんだけどね。ともあれ、僕らはプッシュし続けなければならないし、フランスではまたポイント圏内を走れるように努力するよ。


■アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=17位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2022年F1第11戦オーストリアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が接触でコースオフ

 またしてもグラベルに押し出されてガッカリだよ(土曜にもアレクサンダー・アルボンと接触)。今回は(ピエール・)ガスリーだった。まるで僕のクルマに「ここに当てろ!」という標的でも付いているみたいだ。アウトサイドからうまく仕掛けて、こっちの方が前に出ていたし、十分なスペースも残していたんだけどね。おそらく彼はちょっと熱くなりすぎて、僕のクルマをヒットしてグラベルに送り込んだのだと思う。その後はクルマも本来の調子ではなくなり、レースはそこで終わったも同然だった。


 それまでもトリッキーなレースではあったんだ。1周目にデブリをヒットしていたから、そこですでにダメージがあったのかもしれない。最初に履いたハードタイヤではあまり競争力がなかったけど、次のミディアムの方がベターで、ピエールと接触するまでは苦労しながらも順位を上げつつあった。今回はかなりアンラッキーな週末だったと思う。もう気持ちを切り替えて、次のフランスでのレースに集中するよ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号