F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:アビテブール離脱はフリーメーソンの庇護を失ったことが原因か

2021.01.12

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 シリル・アビテブールがアルピーヌF1のCEOとルノーのモータースポーツ部門における中心的な職務から離れ、ルノー・グループを去るという突然の発表は、多くの人々に驚きをもって受け止められた。アビテブールはグループから厚遇されており、将来はより大きな領域を担うと目されてきたからだ。これまで驚異的な成果を収めてきたアビテブールだが、グループ・ルノーの新CEOとなったルカ・デ・メオとの感情的な対立が、今回の急な幕切れに繋がったようだ。

 また、フランスの情報筋によれば、アビテブールの離脱はルノーの役員会における権力構造が大きく変わる兆候でもあるという。アビテブールは、カルロス・ゴーン率いるルノー役員会に一定の影響力を有していたフリーメーソンによって庇護され、昇進を果たしてきた。

 ルノーのソーシャルメディア部門統括者だったアビテブールだが、短期間のうちにF1チームのプリンシパルとして抜擢されるという驚くべき道のりを歩んできたのだ。アビテブールの地位は一生安泰かと思われたが、フィアットとフォルクスワーゲン・アウディ・グループを経て入社したデ・メオの主導する改革によって、ルノーに対する秘密結社の影響力は削がれた。アビテブールの離脱は、70年以上の歴史を持つルノー役員会において、フリーメーソンがそのコントロールを失ったことが事実として公に示された初めてのケースといえるだろう。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号