F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:エンジン開発を凍結して有利な状況を維持したいメルセデス

2020.12.03

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メルセデスは、2022年の初めからエンジン開発を凍結するというレッドブルの要請を公に支持している。そうなればレッドブルは2021年のホンダ製パワーユニットを現在のテクニカルレギュレーションの有効期限である2025年まで使用することができる。

 だがメルセデスは、現在の4社のエンジンマニュファクチャラーのパフォーマンスを上げて均一にするためBoP(パフォーマンス・オブ・バランス)を導入するというフェラーリの提案には断固として反対している。

 なぜならメルセデスにはグリッドで最高のパワーユニットがあるからだ。だが他3社が人為的な方法で追いつけるようにすることは望んでおらず、BoPについて「どのマニュファクチャラーにとっても屈辱的なものだ。なぜならパフォーマンスが十分ではなく、競争力を発揮して走行する助けが必要だということをマニュファクチャラーに受け入れさせるものだからだ」と語った。

 ウォルフは次のように付け加えた。「公の場でそのような屈辱を受け入れる者はいないと思う。DTMでパフォーマンスをベースにしたウエイトハンデが導入されたときに見聞きしたことがある。予選後に我々が聞いたのは、『もし5kgのウエイトがマシンになければ予選でポールポジションが取れたのに』ということだけだった」

「DTMシーズンの全体がその調子だった。だからF1はBoPから大きく距離を取らねばならない。さもなければ我々はGTレースのように、仕組みを巧みに利用するという唯一のテーマのためにパワーユニットをデザインすることになってしまう」



※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号