F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ふたりの若手によってハース移籍の望みが潰えたペレス

2020.10.21

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 ハースF1チームに近い筋によれば、今年の終わりにスーパーライセンスを取得することが確実視されているニキータ・マゼピンが、来年のハースのシートを獲得したという。2年契約に伴って、彼の父親であるドミトリーは7000万ドル(約73億7600万円)をチームに支払う予定だ。

 また、2021年のもうひとつのシートはFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)のドライバーからひとり、おそらくはミック・シューマッハーが獲得すると思われ、ハースへの移籍を模索していたセルジオ・ペレスの試みは断ち切られることになる。

 これにはアルファロメオ・レーシングが来年、キミ・ライコネンとともに、3シーズン目になるアントニオ・ジョビナッツィも抱えておきたい事情もからんでおり、したがって若いシューマッハーはハースで2シーズンを走ることになる。

 FDAのカラム・アイロットとロバート・シュワルツマンについては、来年のF1シート獲得競争には敗れた格好となった。大口のスポンサーがついていないアイロットは、アルファロメオかハースのリザーブドライバーになりそうだ。一方で、フェラーリとしては若いシュワルツマンにFIA-F2で2シーズン目を過ごしてほしいと考えている。だが彼のスポンサーであるSMPレーシングは、このひどい扱いに大変失望しているという。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号