F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:スチュワードを務める元F1ドライバーのミカ・サロに情報漏えいの疑い

2020.09.30

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

XPB Images
 元F1ドライバーのミカ・サロがFIAから何らかの処分を下される可能性が出てきた。FIAは、彼がロシアGPの審査委員会のメンバーという立場にいながら、フィンランドでF1を中継するテレビ局『C-More Max』に情報を流していたと明かした。

 ソチのレースでは、マシンがまだフォーメーションラップを始めていない段階なのに、解説者のニキ・ユーセラが興奮した口調で、ハミルトンがもうすぐふたつの5秒ペナルティを受けるはずであり、さらに4点のペナルティポイントがスーパーライセンスに科せられて累計12点に達するため、自動的に1レース出場停止になるだろうと伝えたのだ。

 ペナルティ処分の正式な確認がピットレーンの全員とファンに公表されたのは、レース7周目が始まる時点だったので、スチュワードルームの誰かがこのテレビ局に情報を流したことは明らかだった。

 そして当然の帰結としてフィンランド出身のサロに疑いの目が向けられることとなった。そのうえ、公表の段階では、スチュワードが自動的な出場停止を回避させるためにスーパーライセンスへのペナルティポイントを半分の2点に減らしていた。さらにこの2点の処分も、レース終了から数時間後には完全に取り下げられている。FIAは今後情報漏えいについて独自の調査を行うとみられる。もしもサロの違反が認定された場合、彼は少なくとも当分の間スチュワードの役割を担うことができなくなるだろう。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号