F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウェーレインがメルセデスをドライブ。気になるタイムは?@イギリスGP現地情報

2016年7月9日

連戦で、ちょっとお疲れぎみのムッシュ柴田が現地の様子をお届け。まずは景気づけにパブで一杯。フェラーリ残留発表前のライコネンさん、早くもメルセデス昇格が噂される期待の大型ルーキー、母国で上位入賞を狙うバトンさんの様子も……。



○ ○ ○ ○ ○

オーストリア、イギリス2連戦の今回は、オーストリアGP終了後に2日間ほどパリに滞在し、水曜日にユーロスターでドーバー海峡を渡って、イギリスにやってきました。

ホテルにチェックインして、早々にシルバーストンに向かいます。



水曜日のサーキットは、まだ設営の真っ最中でした。



チームのスタッフも、オーストリアから戻ってきたばかりですもんね。この前にはカナダ〜アゼルバイジャンという、ありえないほど超長距離の2連戦をこなし、この次にはハンガリー、ドイツの2連戦も控えてます。僕らも含めて、F1村の人々に、そろそろ疲れがたまってくるころです。

僕も珍しく、イギリスに着いたあたりから、ちょっと風邪の初期症状が。



それで精をつけようと、近所のパブに出かけて、まずはギネスの1パイントを注文。



続いて「イングランド・ミートパイ選手権で、堂々1位に輝いた!」とパブの入口に、でかでかと垂れ幕の出ていたミートパイを注文しました。お味は……まあ、こんなもんでしょうか(笑)



そのあと猫足の巨大バスタブに熱いお湯をたっぷり張って、ゆっくりお風呂に浸かりました。でも翌朝になっても、風邪はすんなり抜けてくれません。

ま、動いてるうちに治るだろうと、サーキットに出勤。まずはキミ・ライコネンの囲み取材をのぞきに行きました。



記者たちからは盛んに「来季はどうするんだ」だの「モチベーションは、いまもあるのか」と、ほとんど引退前提の問いかけが飛びました。でもキミは、ぜんぜん不機嫌になることもなく、悠々と質問をさばいてました。そして翌日にはフェラーリから「契約延長」が正式発表。なーんだ、という感じです。

こちらは前戦オーストリアで殊勲の10位入賞をあげた、パスカル・ウェーレイン選手。



囲み取材の時間より、ちょっと早めにマノーに行くとゲームに興じてました。クルマは言うまでもなく、メルセデスです。



ゆったりとステアリングを握って、スムーズに操作するさまは、さすがです。でも、ラップタイムをみると1分40秒。あれ? ちょっと、遅過ぎるよ(笑)。でもメルセデス期待の新星であることは確かで、パドックでは「ニコ・ロズベルグに代わって、来季はメルセデスに移籍か?」なんて噂も流れてました。

そんな噂を流されては、ロズベルグは奮起するしかありません。



でも午後のフリー走行でピットに向かうと、ロズベルグ車は水漏れトラブルの真っ最中……。このセッションでは1周も走れず、散々な初日となってしまいました。

改良型パワーユニットを投入してパワーアップに成功したマクラーレン・ホンダは、どうでしょう。



ジェンソン・バトンが、にこやかに地元ファンの声援に応えてます。このあと、すぐにコクピットへ乗り込み、いいところを見せるはずだったんですが



なんとまあ、その改良したパワーユニットにトラブル発生。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報