F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ゆかりの地で、ビアンキをしのぶティフォシたち @モナコGP現地情報

2016年5月28日

ムッシュ柴田がパドックの様子をお届け。今週は年に一度のモナコです。どのグランプリも年に一度なんですが、やっぱり特別に感じてしまうのが、モナコの魔力なんでしょうか。



○ ○ ○ ○ ○

前戦スペインGPもそうでしたが、今週のモナコも、かなり涼しい! おまけに木曜日は、こんなふうに上空は雲に覆われてましたから、いっそう肌寒く感じました。



「山に雲がかかると、雨になる」と、モナコっ子は言うんですが、この日は幸い降らずにすみました。



今年はパドック入口に、モナコGP歴代勝者の一覧表が掲げられています。1929年の第1回目から、1938〜47年の中断を挟んで、のべ73人のウイナーたち。燦然と輝くのは、言うまでもなく6勝を挙げたアイルトン・セナでしょう。いまも最多記録を保持しているというだけでなく、勝ちかた自体が、人々の記憶に残る素晴しいものでした。

ここ3年は、ずっとニコ・ロズベルグが勝ち続けてるんですよね。歴代勝者でも、3回以上モナコを制した人は、セナの他にミハエル・シューマッハー、アラン・プロスト、グラハム・ヒルなど、ほんのひと握り。その意味では、ニコも「モナコマイスター」の称号がふさわしいのかも。ちなみに3回以上勝ったドライバーでチャンピオンになっていないのは、ロズベルグとスターリング・モスだけなんですね。だから何だと言われると、困るんですが……。



めずらしいツーショット。フリー走行に向かうバルテリ・ボッタスに、ゲルハルト・ベルガーが親しげに話し続けていました。もしかしてフェラーリ移籍後の心得でも、伝授してるんでしょうか(笑)?



などと妄想していたら、階段を上がってきたフェラーリ・ドライバーと、ぶつかりそうになりました。レッドブルの急激な追い上げにあって、ちょっと苦戦気味のフェラーリですが、ライコネンはあくまで強気です。3位のハミルトン以下、かなりの僅差とはいえ、堂々の選手権2位ですからね。



モナコはフェラーリファン=ティフォシが、大挙押し寄せることでも有名です。セッションが始まる前から、こんな旗をスタンドで広げてるし。



その脇には、ジュール・ビアンキ追悼の横断幕も。ジュールはモナコのお隣ニースの出身で、ここで生涯唯一の入賞を果たしました。一方で、遺族がFIAやFOM、マルシャを相手に訴訟を起こしたという、ちょっと悲しいニュースも流れていました。



初日はフェラーリにとって目の上のたんこぶ、レッドブルのダニエル・リカルドが、堂々の総合トップでした。ルノー製パワーユニットは今回レッドブルとルノーに1基ずつ最新仕様を投入して、レッドブルはリカルドが恩恵を受けました。マックス・フェルスタッペンとのタイム差は、約1秒もあったのです。

「パワーによるタイム差が、なかなか出ないモナコで、これがパワーユニットの違いだけだとしたら、とんでもなく進化してることになりますねえ」と、ホンダ陣営は警戒心をあらわにしておりました。




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報