F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ザウバーのチーム代表とスタッフがホッと一息@F1ドイツGP現地情報

2016年8月1日

 F1ドイツGPの予選・決勝日の現地情報をムッシュ柴田がお届け。ザウバーがスイスの国民の休日をお祝いしてイベントを開催しました。チーム売却でモニシャ代表とスタッフたちにも余裕が出てきました。いっぽう、決勝グリッドのニコ・ロズベルグはいつもと様子が……?
 
○ ○ ○ ○ ○
 
土曜日の予選後。ザウバーの前が何やら人だかりです。あ、上にメルセデスのシンボルが燦然と輝いてますけど、ザウバーのホスピタリティにくっついてるわけじゃありませんからね。
 


 
近づいてみると、ものすごく美味しそうなソーセージを焼いてたり、
 

 
スイス名物、チーズを溶かしてジャガイモなんかと一緒に食べる、ラクレットを大盤振るまいしてるじゃないですか。
 

 
何でも8月1日がスイスの国民の休日で、それを前倒しで祝ってるんだそうな。
 

 
「これは、スイスの伝統的なお菓子なんですか?」「そうよ」「なんて名前?」「知らない。私、ドイツ人だから」……。ザウバーって、けっこうドイツ人スタッフが多いんですよね。
 

 
かつてのマクラーレン・ホンダ時代、アイルトン・セナとアラン・プロストのトレーナーを務め、二人の確執を間近で見てたヨーゼフ・レベラーも、すっかりでき上がってました。そういえば彼もゲルマン系とはいえ、オーストリア人でした。
 
チーム代表のモニシャもザウバーに来るまでは、スイスには縁もゆかりもありませんでしたしね(インド生まれで、オーストリア育ちの弁護士です)
 


従業員の給料も払えなかったちょっと前のザウバーだったら、こんなイベントを開くことなんてありえませんでした。チームが無事に売却され、モニシャもホッとひと息という感じでした。
 


 
こちらもスイス名物、林檎や洋梨、サクランボの蒸留酒です。そそられたけど、まだ原稿が残ってたので、グッと我慢……。
 

 
といいながら、マクラーレン・ホンダに寄って、しっかり発泡酒を1杯いただいたわけですが。ちょっと遅刻して、すでにケーキカットは終わってましたが、
 

 
この日は、イギリス人の古参ジャーナリスト、バイロン・ヤングのお別れパーティをマクラーレンが主催してたのです。
 

 
日本のF1専門誌にもよく寄稿してたので、名前をご存知のファンも少なくないかも。F1取材歴29年なんだ……って、数えてみたら僕も1987年に始めたので、同じキャリアなのでした(爆
 
さて決勝当日。


 
民族衣装の吹奏楽隊が、レース直前の雰囲気を盛り上げます。初日は無人だったメインスタンドも、しっかり満席でした。
 

 
可憐な少女。それに比べると……




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報