F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦

2024年3月3日

 2024年F1バーレーンGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは7位、ジョージ・ラッセルは5位でフィニッシュした。レース中、ふたりともオーバーヒートの問題を抱えていた。チームは、「コンディションに最適でない冷却構成によって引き起こされたパワーユニットのオーバーヒートを管理しながら、走らなければならなかった」と述べている。これによりふたりはペースを制限された状態にあったという。


 チーム代表トト・ウォルフは、「冷却レベルを誤り、その影響を被った」と説明した。


「この問題に対処するために、リフト・アンド・コーストをより多く行わなければならず、そうするとタイヤのパフォーマンスを失い、悪循環に陥る。今日はドライバーたちに十分な競争力がないマシンを与えてしまったので、何が間違っていたのか振り返る必要がある。サウジアラビアで同様の変化に見舞われないよう、データをしっかり調べるつもりだ」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(57周/57周)
9番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード


 タフなレースだった。もっと良い夜になることを期待していただけに、チームには多少の失望感が残っている。他の数台のマシンと近い位置を走っていたことで、デグラデーションが大きかった。今日は問題を抱えており、それによってペースが損なわれたから、フラストレーションを感じたよ。


 僕自身が予選でもっと良いポジションを獲得していれば、決勝でもあと2つか3つ上まで行けたのだと思う。最終スティントは調子が良かった。


 今日のテーマは発見で、実際、マシンについてたくさんのことが分かった。改善できるエリアはたっぷりあるし、チーム全員で改善を図っていけると確信している。


(レース後にメディアに語り)しばらくバッテリーが機能していなかった。ストレートではずっとデプロイメント切れを起こしていて、マクラーレン勢に大きく離されてしまった。何とか修正したけれど、10周ぐらいかかり、その間に15秒をロスした。その後は追い上げを目指すだけのレースだった。


 その問題を修正した後、今度はブレーキにオーバーヒートが起こり、シートにも問題があり、左側が下がってしまって、ブレーキングゾーンでぐらぐらした。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=5位(57周/57周)
3番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード


 おかしな一日だった。ルイスと僕は似た問題に見舞われたんだ。序盤からパワーユニットがオーバーヒートして、それを管理しながら走り切らなければならなかった。すごく良いスタートをしただけに残念だ。(シャルル・)ルクレールを抜いて2番手に上がったんだ。でもその直後にステアリングホイールに警告が表示された。


 オーバーヒートを管理するために、1周あたりコンマ何秒かを失い、後ろのマシンを抑えきることも難しかった。マシンの真のポテンシャルを見せられなかったことが残念だ。


 ありがたいことに、心配する必要のある問題ではない。冷却設定が誤っていたことによるものだからね。なぜそうなったのかを理解して、再発しないようにすればいいだけだ。単に誤った判断をしたというだけのことで、パワーユニットを冷却する力は十分にあるんだ。


 この問題さえなければ、3位争いができたと思う。でもまだシーズン開幕戦だ。来週何ができるかを楽しみにしていよう。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第1戦バーレーンGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第1戦バーレーンGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※モナコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン169
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス113
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ71
7位ジョージ・ラッセル54
8位ルイス・ハミルトン42
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅19

チームランキング

※モナコGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング276
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム184
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム96
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム24
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位ウイリアムズ・レーシング2
9位BWTアルピーヌF1チーム2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP