F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヒュルケンベルグ「ものすごく悔しい。ペースやデグラデーションが悪くなかったのはポジティブ」:ハース F1第1戦決勝

2024年3月4日

 2024年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、ハースのケビン・マグヌッセンは12位、ニコ・ヒュルケンベルグは16位でレースを終えた。


■ケビン・マグヌッセン(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=12位(56周/57周)
15番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2024年F1第1戦バーレーンGP ケビン・マグヌッセン(ハース)


 そこそこ満足、というところかな。ポイントを獲れなかったから、大喜びというわけではないけど、今年は少しはタイヤに優しいクルマを手にしたように思える。まだ去年より速いとは言い切れないものの、とりあえずタイヤを上手に使うことはできるようだ。今日はそれを証明できたと思う。


 とはいえ、それはまだひとつのサーキット、一種類の路面、一組のコンディションでのことでしかなく、これから他の場所でも同様であることを示していく必要がある。この2〜3週間の仕事は充実したものだった。チームが本当にいい仕事をして、僕らは悪くない位置にいる。ここからはさらに進歩していくだけだ。


■ニコ・ヒュルケンベルグ(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=16位(56周/57周)
10番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード→ソフト

ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)
2024年F1第1戦バーレーンGP ケビン・マグヌッセン&ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)


 ものすごく悔しいし、ガッカリもしている。去年のスタート直後にターン4で起きたことと、とてもよく似たシナリオだった。明るい面を見るとすれば、他の中団グループのドライバーと比べて、レースペースもタイヤのデグラデーションも決して悪くなかったことだ。これならウイリアムズ、ザウバー、RBと戦えると思う。それはポジティブなことだと思う。これからも多くの発見と学びがあり、改善と最適化を進めるべき点が見えてくるだろう。


 次のジェッダは、こことはまったく性格の異なるサーキットだから、僕らがどのあたりを走れるかは行ってみないと分からない。けれども、去年と比べれば、開発のベースラインになるクルマの素性ははるかにいいと感じている。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP