F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

周冠宇「問題が起きるまでは順調で、いい結果を持ち帰れるはずだった」:アルファロメオ F1第8戦決勝

2022年6月14日

 2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのバルテリ・ボッタスは11位、周冠宇はリタイアでレースを終えた。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
バルテリ・ボッタス 決勝=11位

バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

 ポイント獲得を目指してここへ来たのに、無得点でこの地を離れるのだから、やはりこの週末の展開に心から満足できたとは言えない。実際、僕らはペースに欠けていて、レースがものすごく長く感じられた。クルマに何かしら、根本的に間違っているところがあると思うので、それをしっかり突き止めないといけない。モントリオールの週末を迎える前に、ここで何が起きていたのかを理解しておく必要がある。もちろん、チームが原因を究明して、対処してくれると信じているよ。


 単純にペースが遅かったことを別とするなら、戦略やレース運びの点では、チームとして良くやったと思う。ただ、それだけではポイントを持ち帰ることはできなかったんだ。ジョウ(周冠宇)は本当に気の毒だったね。リタイアを強いられるまでは、すごくいいレースをしていた。


 今日は運に恵まれなかったが、来週のカナダを楽しみにしている。あそこでレースをするのは久しぶりのことで、再訪は楽しいものになりそうだ。


■アルファロメオF1チーム・オーレン
周冠宇 決勝=DNF

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP 周冠宇(アルファロメオ)

 フィニッシュできなくて悔しいけど、自分のパフォーマンスの良かった点に目を向けたい。問題が起きるまで、僕のレースは本当に順調に運んでいた。ドライビングミスはひとつもなかったし、十分な競争力があり、ポイント圏内を走っていた。ペースも良くて、あのまま行けば良い結果を持ち帰れるのは確実だったんだ。


 起きてしまったことは残念だが、チームとして何よりも大事なのは、今後に向けて問題をしっかり解決して、もうこれ以上、訪れたチャンスを逃さないようにすることだ。何のトラブルだったのかを詳しく調べて、さらに競争力を高める糧にしたい。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP