F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド8位「繰り返し出されたチームオーダーに従って走った」マクラーレン/F1第8戦決勝

2022年6月13日

 2022年F1アゼルバイジャンGP決勝で、マクラーレンのダニエル・リカルドは8位、ランド・ノリスは9位だった。


■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)
決勝=8位
12番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム


 ポイントを記録できてハッピーだ。チームにとって良いことであるのはもちろんだけど、僕としては久々のポイントだからね。


 いろいろなことが起きたレースだった。チーム内で戦略を分けていたので、最初は僕がハードタイヤでランドより少し速くて、チームオーダーが出された。けれども、終盤はハードを履いた彼の方が速かったので、またさらにチームオーダーがあった。


 結局のところ、僕らにはフェルナンド(・アロンソ)に挑戦できるほどの速さがなかったのだと思う。ストレートで彼に近づくことはできても、抜くまでには至らなかった。ともあれ、マシンのドラッグを減らす努力が必要なのは明らかだ。それがこの週末の僕らのアキレス腱だった。ただ、それ以外の点では、望みうる最善の結果が得られたと思う。これまでよりスムーズな週末を送れたことに満足している。

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ランド・ノリスとダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ランド・ノリスとダニエル・リカルド(マクラーレン)

■ランド・ノリス(マクラーレンF1チーム)
決勝=9位
11番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード


 この成績に心から満足している。ただ、VSC中にうまくピットに入ったライバルが何人かいて、そのために運悪く、いくつかポジションを失っただけだ。これはバクーでは起こりがちなことで、戦略の違いによって生じた結果でしかない。そこで少し損をしてしまったものの、ペースは良かった。僕らのパッケージでは、このコースでオーバーテイクを決めるのは難しかったけど、マシンのペース自体は速かったんだ。


 あらゆる条件を考えると、これが今日の僕らには最善の結果だったと思う。もちろん、僕らとしてはもっと上を目指している。弱点を解消するために努力を続けて、次のモントリオールでは、さらにいいパフォーマンスを発揮できるようにしたい。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号