F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル今季3度目の表彰台「速さはなかったが、信頼性の高さでチャンスをつかんだ」メルセデス/F1第8戦

2022年6月13日

 2022年F1アゼルバイジャンGP決勝で、メルセデスのジョージ・ラッセルは3位でフィニッシュし、シーズン3回目の表彰台を獲得した。スタートからグリッドと同じ5番手を走行、カルロス・サインツ(フェラーリ)のストップによるバーチャル・セーフティカーの際にポジションを失うことなくピットストップを済ませ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のリタイアで3番手に繰り上がり、その位置を守り切った。


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=3位
5番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ハード

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

 90分間、すべてのラップのすべてのコーナーを確実に決めて走った。本当にタフなレースだった。今夜はぐっすり眠れそうだよ!


 今の僕たちはそうやって状況に対処するしかない。短期的にやれることはあまりないんだ。


 F1には頭のいい人たちが大勢いるし、才能あるエンジニアも多い。だからいずれ解決策を見つけられるだろう。今日は純粋な速さで表彰台をつかんだわけじゃない。チームが信頼性の高いマシンを用意するために努力してくれたおかげで、成し遂げた結果だ。中団の上の位置を保つために良い仕事をし、フェラーリの不運によりチャンスをつかんだ。


 ブラックリーとブリックスワースのファクトリーでは全員がハードワークに当たっている。今日の結果は、彼らにとってポジティブなものであり、彼らへの賞賛であると考えている。


 自分たちに十分な速さがないことは分かっている。パフォーマンスを発揮するために長い道のりを進む必要がある。今はいろいろなことを実験し、試しているところだ。1週間後のモントリオールまでに解決策を見つけるのは難しいだろうが、近いうちに解決するといいね。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号