F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「キミとの接触で、レースは取り返しがつかないほど台無しに」:アストンマーティン F1第21戦決勝

2021年12月7日

 2021年F1第21戦サウジアラビアGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのランス・ストロールは11位、セバスチャン・ベッテルはリタイアでレースを終えた。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=11位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 ポイント圏内でレースを終えられなくて残念だ。最後はあと少しだったのに、結果は11位だからね。最初の赤旗は僕には不利に働いた。その直前にピットに入っていたからだ。


 ただ、中断の後のリスタートはどちらもうまく決まって、10番手まで順位を上げていた。そして、最初は後方の(ランド・)ノリスとのギャップを広げていたんだけど、このコースでは予想以上にオーバーテイクがしやすくて、こっちも少しストレートでのスピードが足りず、10位を守りきれなかった。クルマのバランスはいい感じで楽観的だったが、最終的には11位以上は無理だったと思う。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=リタイア(44周)

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 こういう形(フロアの重大なダメージ)でレースを終えるのはつらいし、ちゃんと戦ってポイントを争う機会を失って残念だ。レース序盤は僕らの方に流れが向いていた。17番手からスタートしながら、リスタートの直後にはポイント圏内にいたからね。実際、2台のフェラーリの前を走っていたんだけど、残念ながらペースはいまひとつで、彼らにプレッシャーをかけられていた。


 そして、最初のシケインで(角田)裕毅にヒットされ、集団の後方に沈んでしまった。その後、さらにキミ(・ライコネン)との間でアクシデントがあり、僕のレースは(接触によるダメージで)取り返しがつかないほど損なわれた。あのコーナーでは僕に優先権があり、2台が並んで通過できるスペースはなかったのだから、キミが引くべきだったと思う。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編