F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「スタートが決まり、レースが進むにつれてクルマが改善された」:アルファロメオ F1第20戦決勝

2021年11月23日

 2021年F1第20戦カタールGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは14位、アントニオ・ジョビナッツィは15位でレースを終えた。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=14位

キミ・ライコネン(アルファロメオ)&ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第20戦カタールGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)&ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 自分でも驚くほど何度もオーバーテイクができて、終わってみれば面白いレースだった。最初はあまり期待はしていなかった。クルマは昨日とあまり変わっていなかったから、勝負にならないんじゃないかと思っていたんだ。だけど、スタートがうまく決まり、その後もレースが進むにつれて、どんどんクルマの状態が良くなっていった。


 結果として、何度かいいバトルができたし、前にいたマクラーレンやアルファタウリにも追いつきつつあった。これが今日のレースで手にしうる最善の結果だったと思う。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=15位

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第20戦カタールGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 できる限りの努力をしたが、やはり15位以上の結果は望めなかったと思う。1周目はすごくうまく行って4つポジションを上げ、その後は何度かいいバトルを展開しながら、最後まで走りきった。予選では苦戦を強いられたが、日曜にいいレースをすれば、ハース勢とウイリアムズ勢の前でフィニッシュできることは分かっていた。


 そして、まさにそのとおりの結果を残したんだ。タイヤのデグラデーションが大きく、縁石によるダメージもありうると考えて2ストップの戦略を選び、終盤はどのライバルよりも速かった。スタートした位置を考えれば、このレースの結果に満足すべきだと思う。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号