F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル10位「速さがあっただけに、スタート直後のポジションダウンが残念」アストンマーティン/F1第20戦決勝

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは10位、ランス・ストロールは6位だった。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=10位
 レース開始早々に大きくポジションを下げたのが痛かった。最初のコーナーを通過した時点では、ほぼ最後尾だったからね。序盤の17番手からここまで挽回はできたものの、もっと多くのポイントを獲得する機会を逃したと思う。ターン1へのアプローチで他のクルマに囲まれ、押し出されてしまった。アウトサイドを大回りしたんだけど、そこは路面が思ったよりもダーティで、クルマが滑って大きくラインが膨らんだ。


 クリーンエアならクルマは速かっただけに残念だ。実際、それだけの速さがあったから、10位まで順位を取り戻せたわけでね。2周目以降はいいレースができたし、まずまずのリカバリーだったけど、いきなり劣勢に立たされたことが結果に響いた。それでも、チームの2台がポイント圏内でフィニッシュできて良かった。この週末は次につながるポジティブなことがたくさんあった。

2021年F1第20戦カタールGP ランス・ストロール(アストンマーティン)と角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP ランス・ストロール(アストンマーティン)と角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=6位
 クルマのフィーリングがすごく良かった。自分のパフォーマンスに心から満足している。1周目にいくつか順位を上げることができたし、最初のスティントを通じて、好成績を狙えるペースがあるのは間違いないと感じた。ミディアムタイヤで角田(裕毅)をオーバーテイクして、さらに前方の集団に追いつき、ハードに交換して(カルロス・)サインツJr.をアンダーカットすることで6位に浮上した。


 全体として、今日はあらゆることが思惑どおりに運んだ。このトリプルヘッダーの最後に8ポイントを手にすることができて、チームのみんなのハードワークは十分に報われたと思う。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号