F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス4位「パンクのリスクを避け、2回ストップで確実にポイントを稼いだ」レッドブル・ホンダ/F1第20戦決勝

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは4位だった。


 ペレスは序盤から順調にポジションを上げ、一時3番手を走ったが、2回目のピットストップを行い、7番手から再び上を目指した。終盤4番手を走行し、前のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)を追っていたものの、バーチャルセーフティカー出動により追いつくチャンスを失い、4位フィニッシュとなった。


■セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング・ホンダ)
決勝=4位
11番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ミディアム(57周)

2021年F1第20戦カタールGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 予選から挽回し、11番グリッドからあっという間に順位を上げ、表彰台を狙える位置にいた。でも残念ながら思うようにいかなかった。


 体力を消耗するレースだった。常に攻め続け、オーバーテイクし、プッシュし続けていたからね。レースのなかで戦略を切り替えていき、1回ストップを目指したときもあれば、2回ストップを目指したときもあった。でも他のマシンのタイヤがパンクしたので、自分たちがそうなるのを防ぎ、コンストラクターズ選手権の状況をベストなものにするため、タイヤを守る方向を取らなければならなかった。


 表彰台は手の届くところにあったと思うが、2週連続でバーチャルセーフティカーに阻まれることになった。バーチャルセーフティカーがなければ必ずフェルナンドに追いついていたのかは分からないが、近づくことができたはずだ。


 少し残念だが、土曜の結果からのダメージを最小限に抑えることができたし、(メルセデスの)バルテリ(・ボッタス)がノーポイントに終わったことは、僕たちにとって大きなメリットだ。チームの観点から見ると、コンストラクターズ選手権のことを考えて安全に行くべきだったのだと思う。


 今日はチームにとって良い結果を出せた。これからもプッシュし続けて、次の2戦でパフォーマンスを向上させる必要がある。


 サウジアラビアとアブダビが楽しみだ。コンストラクターズ選手権では(メルセデスから)5点差だから、トップに立つ大きなチャンスがある。それを目指して全力を尽くしていくよ。あらゆる可能性が残されている。



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP