F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「メルセデスまであと5点。今日は重要な一日になった」マーシャルへの謝罪も/F1第20戦決勝

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位、セルジオ・ペレスは4位だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 今日は重要な一日になった。マックスの1周目のリカバリーは見事だった。最初のふたつのコーナーでの走りはまさにセンセーショナルだったよ。


 今日はルイス(・ハミルトン)のメルセデスの方が速かった。だが、セクター2とセクター3では彼らに追いつくことができた。我々の方が速いわけではないが、それでも我々のストレートラインスピードは強力だったと思う。マックスはソフトタイヤに履き替える前の時点でファステストラップを記録しており、それも素晴らしいことだ。


 チェコ(ペレス)は不運にも表彰台に届かなかった。バーチャルセーフティカーがなければ、最終ラップに(フェルナンド・)アロンソのすぐ後ろに追いついていただろう。とはいえ、チェコは素晴らしい走りをして、チームのために貴重なポイントを稼いでくれた。

2021年F1第20戦カタールGP クリスチャン・ホーナー(レッドブル代表)
2021年F1第20戦カタールGP クリスチャン・ホーナー(レッドブル代表)

 フェルナンドが表彰台に乗るのは非常に久しぶりだ。その姿を見ることができたのも良かった。


 コンストラクターズ選手権で(首位メルセデスとの)差はわずか5点だ。ドライバーズ選手権では我々が8点リードしている。次の2戦は非常に重要になる。あらゆるチャンスがあるのだ。


 来週、懸命に作業に取り組み、できる限りマシンを改善し、ジェッダで何ができるのかを見ていこう。


(予選でダブルイエローフラッグを振っていたマーシャルに対して侮辱的発言をしたことで、戒告処分を受けた件について述べ)マーシャルたちは素晴らしい仕事をしており、彼らが自分の時間を捧げてくれなければ、我々のスポーツは運営していくことができないのだということを、ここで明確にしておきたい。何らかの侮辱が生じたのなら、深く謝罪する。私は、(フェルスタッペンにペナルティを科すという)決定に対して苛立ちを感じたのであり、特定の個人に対して苛立っていたのではない。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号