F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラティフィ「序盤に順位を上げられず、ハースにも迫りきれず悔しいレースだった」:ウイリアムズ F1第15戦決勝

2021年9月28日

 2021年F1第15戦ロシアGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは19位(DNF)でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=19位(DNF)
 残念ながら、レース終盤に雨が降り始めた時にスリックで窮地に立たされ、ミスをしてしまった。減速しきれずにターン7でスピンして、バリアを軽くヒットしてリヤウイングを壊したんだ。その時点で、もう走り続けても得るものは何もなくなり、リタイアした方がいいと判断した。


 僕としては悔しいレースだった。クルマはとても乗りやすいと感じていて、過去最高のフィーリングとさえ思うほどでありながら、レース序盤にあまり順位を上げられず、このコースの重要な部分で前を行くハースに迫りきれなかったからだ。プライムタイヤのフィーリングも良かったんだけどね。もう少し上位のグリッドからスタートしていれば、そのポジションを守ることができて、好成績につながったかもしれない。まあ、時にはこういうレースもあるものだ。

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第15戦ロシアGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号