F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【有料記事】メルセデスF1代表、ハミルトンがチームメイト選択に意見していることを認める

2021年6月29日

 メルセデスF1代表のトト・ウォルフは、来年どのドライバーをチームメイトにするかについての決定にルイス・ハミルトンが意見を述べることを認め、また、ハミルトンとの契約の延長交渉は、今後数週間で合意に至ることが確実であるとした。

 ハミルトンは木曜日に「僕たちは話し合いを始めており、状況はポジティブだ」と語り、ウォルフも次のように同意した。

「話し合いはうまくいっているので、非常にくつろいだ雰囲気だ。障害はないと考えている。あとは合意に関することなどで、それに数日かかるだろう。つまり良い話し合いが行われている」そしてウォルフは、2022年のハミルトンのチームメイトの名前が、ハミルトンとの交渉の障害になる可能性を否定した。

「我々はラインアップについての希望や何かを話し合ったことはない。それは彼の考えていることでは決してない」

 しかしウォルフは、チームのもうひとりのドライバーについてだけでなく、他の重要な分野の決定事項についてハミルトンの意見を聞いていることを認めた。「ルイスはチームの一員であり、常に意志決定を行う内部のメンバーだ。なぜなら実際に我々は彼の意見を尊重しているからだ。同様に、ドライバーについては彼と共有していない事柄はなく、率直なものだが、それは逆の場合も同じことだ」

 2022年の2番目のシートを争うふたりのドライバーについて話題が移ると、ウォルフは双方について完全に前向きであると説明した。ウォルフがバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルの双方のマネジメントに関与していることを考えれば驚きではない。ウォルフは次のように語った。

「バルテリと話すときはオープンだし、ジョージと話す時も非常にオープンだ。なぜなら隠された意図など持ちたくないからだ。我々は将来について状況を評価する必要がある。バルテリは素晴らしい週末をまとめ上げることもあるが、調子が出せない週末もある。そうした週末を減らす必要がある。そうして我々は決定を下すことになる。また、バルテリかジョージか、どのような決定が下されようとも、そのことを最初に知らされるのは関与している人間、つまりはドライバー本人だ」

(Grandprix.com/Translation: AKARAG)

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号