F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アゼルバイジャンでのトラブルを受け、ピレリがF1オーストリアGPで新構造のリヤタイヤをテストへ

2021年6月30日

 F1にタイヤを独占供給するピレリは、今週末第9戦オーストリアGPが行われるレッドブルリンクで新スペックのリヤタイヤコンパウンドのテストを行うと発表した。


 このテストは、今月初旬に行われた第6戦アゼルバイジャンGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)が深刻なタイヤトラブルに見舞われたことを受けてのものだ。ふたりともC3タイヤを履いて走行していた際に左リヤタイヤがバーストし、レースをリタイアしている。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にタイヤトラブルが発生
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にタイヤトラブルが発生


 ピレリは、7月2日(金)のオーストリアGPのフリー走行において、新たなリヤのタイヤコンストラクションをテストすると述べた。タイヤの構造安定性のさらなる改善に向けた有効性を評価するという。


 各ドライバーは新タイヤを2セット提供され、2回のフリー走行セッションのいずれかで使用できる。テストが成功すれば、新スペックは第10戦イギリスGPから導入され、既存のスペックと入れ替えられるという。


 シルバーストンはタイヤ使用においてカレンダーのなかでも最も厳しいコースのひとつだ。C3コンパウンドは、シルバーストンではソフトタイヤとして選択される。


「この決定は、最近発行された技術指令書に加え、ピレリが規定した最新のスターティングパラメータにより下された」とピレリは声明のなかで説明した。


 またピレリは、FIA、F1および各チームとの合意によるこの取り組みは、「現状リアルタイムでの走行コンディションを監視することが不可能である事実を鑑みて」のことだと述べた。


「この件は標準のタイヤ空気圧監視システム(TPMS)センサーが、すべてのチームに導入される来年まで持ちこされるだろう」


 ピレリによると、新たなリヤのコンストラクションには、来シーズンに導入される最新の18インチF1タイヤに向けて開発された要素が組み込まれているという。


「この新構造により、ピレリは現在のマシンが生み出す極限状況においてさらに高いレベルの完全性を保証できるタイヤを提供する」

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ランス・ストロール(アストンマーティン)のタイヤがパンク
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ランス・ストロール(アストンマーティン)のタイヤがパンク



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号