F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「ソフトでの最終スティントは調子がよかったが、結果はやや残念」:アルファロメオ F1第6戦決勝

2020年8月18日

 2020年F1第6戦スペインGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは14位、アントニオ・ジョビナッツィは16位でレースを終えた。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=14位
 ソフトタイヤを履いた最後のスティントでは、クルマのペースが本当に良かった。あまりに調子が良かったので、同じタイヤをもう1セット使えれば、と思ったほどだ。だが、残念なことにそれはできず、最終的な結果はやや残念なものになった。もう少し上へ行けるという感触はあったんだけどね。


 全体として、今週末はこれまでより少し良くなっていたと思う。クルマのパフォーマンスを最大限に引き出し、もっと速くするために、新しいことを試し続ける必要がある。この方向で改善を続けたい。


アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=16位
 今日のレースでは明るい面もいくつか見られた。結果としては厳しいレースだが、最後列からスタートしたことを考えれば、この日曜日にできることはすべてやり切ったと思う。選手権での直接のライバルより前でフィニッシュしたし、特にソフトで走った最後のスティントでは良いペースも示せた。


 もちろん、まだやるべきことは多いけれども、励みになるような成果が得られた。

キミ・ライコネン&アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2020年F1第6戦スペインGP キミ・ライコネン&アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
9/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号