F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ「空力アップグレードを導入、必要なデータをすべて集めた。予選に向けマシンを最適化する」:F1イギリスGP金曜

2018年7月7日

 2018年F1イギリスGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=12番手/2=13番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=19番手/2=18番手だった。


 FP2でガスリーはパワーユニットにトラブルが発生したため、コース脇にマシンをとめた。ホンダによると、このPUは、走行距離も長くなっていた前仕様の金曜走行用であり、チームは当初の予定どおり、土曜に向けて予選・レース用のPUに交換するということだ。


 この日のガスリーのベストタイムは1分29秒831、ハートレーのベストタイムは1分30秒404だった。


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 パフォーマンス向上を続けていくため、シルバーストンにさらに空力アップグレードを持ち込んだ。ピエールのマシンには両セッションともに、ブレンドンのマシンにはFP2のみ、これを装着した。


 FP1では、大半の時間を空力のテストに使い、ピエールはエアロレイクを付けてスタートした。さまざまな項目をテストする計画で走り、必要なデータをすべて集めることができた。また、もうひとつの課題であるマシンバランス向上を目指して、メカニカルセットアップも進めた。


 FP2では普段のフリー走行に近いプログラムを行い、ショートランから始めてロングランでのシミュレーションへ移行した。路面温度が午前に比べて10度以上も上がったので、両マシンともにバランスに明らかな変化が出た。それを再度整えるために、セッションの序盤にミディアムタイヤでの走行も行った。


 残念ながらピエールのPUに問題が発生し、ソフトタイヤでのショートランを終えることができず、予定していたロングランを行うこともできなかった。 
   
 予選、レースともに今日のFP2と似たようなコンディションになると見込まれるので、この気温に合わせてマシンを最適化し直し、より快適に走れるようなマシンをドライバーたちに提供するため、作業を進めていく。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号