F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クラッシュのフェルスタッペン「プッシュしすぎただけ。FP3で挽回できるから問題ない」:F1イギリスGP金曜

2018年7月7日

 2018年F1イギリスGPの金曜、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=6番手/2=19番手(ノータイム)だった。


 フェルスタッペンはFP1ではギヤボックス関連とみられるトラブルでストップ、FP2では走行開始早々にクラッシュし、午後の走行時間を失った。チーム代表クリスチャン・ホーナーによると、土曜のFP3までにマシンを修復することが可能であり、搭載していたのはレース用ギヤボックスでないため、予選、決勝への支障はない見込みであるということだ。


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=6番手/2=19番手(ノータイム)
 FP1ではギヤボックスにトラブルが発生した。正確な原因はまだ分からない。


 FP2ではハードタイヤで少し速く行き過ぎたんだと思う。コーナーを抜ける時にスピードを出し過ぎて、コントロールを失ってしまった。


 フィーリングはいいし、マシンはうまく機能しているが、ストレートでタイムを大幅にロスしているのが残念だ。


 ハードタイヤはかなり硬かった。数コーナーを走っただけだが、感覚は最高だったとは言えない。


 新しい路面になったから、かなりスムーズなんだと予想していたが、そうではなかった。いくつか大きなバンプはなくなっていたけどね。それでも超高速コーナーを備えたこのコースを走るのはいい気分だ。いつだってここを走っているとすごく楽しい。


 もちろんセッション1回分を失ったことは理想的とは言えないが、FP1の時点で自信を感じていた。ポールポジション争いに加わることはできそうもないけれど、それでも明日挑戦してみるよ。少なくともソフトタイヤを2セット持っているのはポジティブな要素だと思う。


 FP3を使ってマシンとタイヤを理解することができるだろうし、いずれにしてもダニエル(・リカルド)が今日集めたデータを利用することができるから、問題ないだろう。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号