F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス10位「順位を4つ上げて入賞。モナコ以来の進歩を示す結果だ」アルファロメオ/F1第9戦

2023年6月20日

 2023年F1カナダGP決勝で、アルファロメオのバルテリ・ボッタスは10位入賞を果たした。


 14番グリッドからハードタイヤでスタート、セーフティカー出動中にステイアウトして、レース中盤に8番手に浮上した。ピットストップ後もトップ10圏内にとどまり、終盤にランド・ノリス(マクラーレン)、最終ラップにはランス・ストロール(アストンマーティン)に抜かれて11位でフィニッシュしたが、ノリスがペナルティで降格されたことで、ボッタスは10位に繰り上がった。


 カナダで1点を獲得したことで、アルファロメオはコンストラクターズ選手権でハースを抜いて7位に上がった。


■バルテリ・ボッタス(アルファロメオ・F1チーム・ステーク)
決勝=10位(70周/70周)
14番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム

2023年F1第9戦カナダGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2023年F1第9戦カナダGP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)


 今日のレースに満足している。ポジションを4つ上げられたからね。順位を上げることができれば、それは良いレースだったと言えるし、しかもこの週末の主な目標だったトップ10フィニッシュを達成できたのだから文句なしだ。9位で終われる可能性もあったけど、レース終盤にはタイヤの摩耗が進んでいて、最後の最後でランスにやられてしまった。それでもなお、今日は堅実なレース運びができたと言っていいと思う。戦略も良かった。


 モナコ以来、僕らはかなりの進歩を示してきた。この結果は、ヒンウィルのファクトリーでチームが続けてきたハードワークの賜物だ。僕が持ち帰れたのはたった1点かもしれないが、これもひとつの成果であり、より多くの得点を目指していくためにモチベーションを高めるものになる。この方向で努力を続け、特に予選でのパフォーマンスの向上に力を注いでいくことが重要だ。まだ進歩の余地はあるし、チームはそのすべてを達成できるだろうと確信している。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号