F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

デ・フリース「マグヌッセンとのインシデントまでは悪くないレースだった」接触が審議も処罰はなし/F1第9戦

2023年6月20日

 2023年F1カナダGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのニック・デ・フリースは18位だった。


 レース中盤、13番手走行中に、デ・フリースは前を走るケビン・マグヌッセン(ハース)と激しくバトル。ホイール同士が接触した後、ターン3でマグヌッセンのインに飛び込んだデ・フリースは、とまりきれずにエスケープロードに直進。アウト側のすぐ横にいたマグヌッセンはコーナーを曲がることができず、エスケープロードへと飛び出した。ふたりはその後もレースを続行することができたが、最後尾まで順位を落とした。


 ターン3で小さな接触が起きたことについて、スチュワードは審議を行った結果、片方のドライバーに圧倒的に大きな責任があるわけではないとして、ペナルティは科さなかった。

2023年F1第9戦カナダGP エスケープロードに飛び出してしまったニック・デ・フリース(アルファタウリ)とケビン・マグヌッセン(ハース)
2023年F1第9戦カナダGP エスケープロードに飛び出してしまったニック・デ・フリース(アルファタウリ)とケビン・マグヌッセン(ハース)


 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、デ・フリースのレースについて、次のように振り返った。


「ニックは、レースのほとんどをトラフィックのなかで走ることになった。さらに、ついてないことに、最初のピットストップを行った次の周にセーフティカーが出動し、アンダーカットを利用することができなくなった」


「その後に起きたマグヌッセンとの接触により、彼はさらにタイムをロスし、ブルーフラッグでも時間を失った」


■ニック・デ・フリース(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=18位(69周/70周)
17番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム→ミディアム

2023年F1第9戦カナダGP ニック・デ・フリース(アルファタウリ)
2023年F1第9戦カナダGP ニック・デ・フリース(アルファタウリ)


 ケビンとのバトルまでは、まずまずのレースをしていた。ケビンとはお互い激しく戦い、ふたりともブレーキングポイントをミスしたと思う。グリップが低くて、僕はロックアップし、(エスケープロードを)直線してしまった。


 前の何戦かと比較するとそれほど速さがなく、競争力もそれほど高くなった。改善する方法を理解するために、パフォーマンスが不足していた原因を探る必要がある。それから、今日はDRSトレインのなかを走り続けたため、どこにいたとしてもポジションは動かなかった。


 今日はポイントをつかむのが難しいと思っていた。それでも、予選でもっと上位のグリッドを確保していれば、もっと良いレースリザルトを得ることができただろう。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号