F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「ハードでは全然グリップがなくて、避けきれずストロールにヒットした」:マクラーレン F1第13戦決勝

2022年8月2日

 2022年F1第13戦ハンガリーGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは15位でレースを終えた。


■マクラーレン・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=15位

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第13戦ハンガリーGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

 残念なことに、浮き沈みの「浮き」よりも「沈み」の方が多かった。スタートの蹴り出しはいい感じだったものの、そこから少し順位を下げて、ターン1へのブレーキングではほぼフィールドの真ん中あたりにいた。悪くないポジションだと思ったよ。


 ところが、ターン1の出口でアルピーヌの1台が上がってきて行き場がなくなり、コース外へ逃げるしかなかった。そうしないとフロントウイングを壊されそうだったからね。それで車速が落ちたままターン2に入り、またアウトサイドを大回りするハメになったんだ。そんなわけで、1周目はちょっとひどかったね。


 その後、ソフトタイヤはすぐにダメになり、あのタイヤではどうすることもできなかった。ミディアムに履き替えてからは少しは良くなって、2台のアルピーヌを一度にまとめて仕留めたりした。あれは面白かったな。それからしばらくの間、ミディアムでは(ランス・)ストロールを抑え込むことができたんだけど、ハードに交換してコースに戻ると、彼はソフトを履いていて、こっちは全然グリップがなかった。もちろん接触は避けようとしたんだ。だけど、残念ながら避けきれずに彼をヒットして、スピンさせてしまい、ペナルティを受けた時点で、僕のレースは終ったも同然だった。ハードタイヤはまるで機能しなかった、というか、僕にはどうしても機能させることができなかった。


 もちろん休暇を楽しみにしている。そして、後半戦ではもう少し速く走れるようになって戻ってくるよ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号